2010年01月22日

<20年五輪>長崎市が共催断念(毎日新聞)

 広島市との共催で2020年夏季五輪の招致を検討していた長崎市の田上富久市長は15日、共催都市としての参加を断念する意向を表明した。同日午前に開かれた市議会の各派代表者会議で明らかにした。田上市長は、市としての単独開催は検討しないとした上で「広島市が正式に(五輪招致に)手を挙げれば、全面的に協力したい」と述べた。

 田上市長は代表者会議で、日本オリンピック委員会(JOC)や国際オリンピック委員会(IOC)の委員から共催への難色を示された経緯を説明。「(1国1都市が申請できるとする)IOC憲章が変わらない中で、これ以上共催の可能性を追うことは、2020年に被爆地でオリンピックを開催する可能性をかえって狭める」と述べた。

 今後の対応については、五輪招致検討委(会長・秋葉忠利広島市長)の中で決めるとしたが、市長は広島市の招致運動に全面協力する考えを示した。

 会議後、田上市長は記者団に対し、共催断念について「残念だが、いろんな方が(共催に)賛同してくれたので、意味はあった」と強調した。秋葉市長には14日に電話で断念の意向を伝えたことを明かし、秋葉市長からは「今後も連携していこう」と呼び掛けられたことを明らかにした。

 また田上市長は、広島市が単独開催招致に乗り出した場合、平和関連イベントなど関連行事への参加を検討する考えも示した。

 長崎市は昨年10月、広島市と共に2020年五輪の招致を検討する考えを表明。だが昨年12月、JOCの竹田恒和会長が両市長に対し「共催は不可能」との考えを伝達。1月12日にもIOC前副会長の猪谷千春委員から「IOC憲章を変えるのは困難」との意向が伝えられていた。【阿部弘賢】

【関連ニュース】
広島・秋葉市長:IOC委員と面会へ 五輪招致に助言求め
20年五輪:広島市、単独招致の可能性 長崎市は「無理」
20年五輪:JOC、広島・長崎共催拒否 世論支持を懸念
20年五輪:「広島、長崎共催は推薦できない」JOC会長
20年五輪:猪谷IOC委員は共催に否定的 2市長と会談

ゆるキャラ 香港で関西PR 大阪で結団式(毎日新聞)
<元オウム幹部>新実被告の死刑確定へ 最高裁が上告棄却(毎日新聞)
裁判員大阪地裁 元組長に懲役11年 覚醒剤密輸事件(産経新聞)
3新人が届け出=宮崎市長選(時事通信)
民主党大会会場の日比谷公園周辺、厳戒態勢に(読売新聞)
posted by ジンボ スグル at 20:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

民主党大会会場周辺でデモ「小沢氏は政界追放」(産経新聞)

 民主党定期党大会が開かれた16日、会場の日比谷公会堂(東京都千代田区)の周辺に民主党が推進する永住外国人への地方参政権(選挙権)付与に反対する人たちが多数集まり、6時間にわたりデモを続けた。

 前日に民主党の小沢一郎幹事長の元秘書で衆院議員の石川知裕容疑者らが東京地検に逮捕されたこともあり、小沢氏に議員辞職を求める声も上がった。

 デモ行動は外国人参政権付与に反対する地方議員らが企画した。民主党大会の開会する4時間前の午前9時過ぎからスタート。日の丸やプラカードを掲げた参加者が日比谷公会堂近くの広場から「外国人参政権は許さない」「小沢幹事長は政界追放だ」などとシュプレヒコールを上げた。

 主催者によると1500人以上がネットなどの呼びかけに応じ、デモに参加したといい、最後は近くの東京地検前で「検察頑張れ!」とエールを送った。

【関連記事】
「検察が正義は大間違い」鈴木氏の批判に沸く
福島瑞穂氏「国民の信頼回復を期待」
鳩山首相「小沢幹事長を信じております」
小沢氏「こういう権力行使は納得できぬ」
小沢幹事長「信念を通し、戦っていく」

「40人学級」見直し 少人数教育へ上限下げ 30年ぶり(産経新聞)
「新党発言は自粛を」自民若手、結束呼びかけ(読売新聞)
衆院予算委 天皇陛下の公的行為に平野氏「統一見解示す」(毎日新聞)
大阪府市長会 府水協で再び統合議論を(産経新聞)
コースター点検走行中、足場にぶつかり重体(読売新聞)
posted by ジンボ スグル at 10:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石川逮捕 「くやしい」「小沢も危ない」民主党に衝撃走る(産経新聞)

 「信じられない」「小沢さんは厳しくなった」。民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体をめぐる土地取引疑惑で15日夜、小沢氏の秘書を務めた石川知裕衆院議員らが政治資金規正法違反容疑で東京地検特捜部に逮捕されたとの情報が永田町を駆けめぐると、政府・民主党内には衝撃が走った。

 「くやしい…」

 小沢氏の側近議員の一人は、同僚議員でもある石川衆院議員が逮捕されたことを聞き、唇をかんだ。

 閣僚の一人は「ええ!?国会議員を(政治資金収支報告書への)不実記載くらいで逮捕できるのか?」と絶句。別の閣僚は「こんなタイミングで…」とだけ話し、情報収集に追われた。

 民主党幹部は「(石川議員は)議員辞職することになるだろう。その段取りになっている」と語った。

 一方、小沢氏と距離を置く衆院議員は「小沢さんは、やっぱり厳しいねえ」との観測を示し、「特捜部もきちんと(小沢氏の疑惑を)解明したいんだろう」と指摘。逆に、小沢氏に近いベテラン議員は「石川議員だけということで(特捜部と)話がついたのでは。(小沢氏にまで捜査が及ぶような)そんなエネルギーは検察にはないよ。困りに困って石川議員の身柄をとったんだろう」と話し、事態を沈静化させようと躍起になったが、それでも「しかし小沢氏の側にいると、みんな傷がつくねえ」とつぶやいた。

 折しも、民主党は16日のに定期党大会で予定していた参院選の第1次公認候補名簿発表の見送りを決めたばかり。事件が沈静化してからという段取りだったが、石川議員の逮捕でそれすら壊れてしまった。

 一方、野党側は18日召集の通常国会直前の“敵失”に俄(が)然(ぜん)、勢いづいている。

 自民、公明両党の国対委員長は15日、質問内容を相互に調整し、連携して疑惑の追及にあたることを確認。野党転落後、溝が深まりつつあった両党だが、思わぬ形で共闘構築にこぎつけた形だ。

 安倍晋三元首相は「小沢氏には従来、巨額な違法献金の疑惑がつきまとっていた。それが(石川氏の逮捕で)大き解明に向けて一歩進んだのだと思う」と述べた。

【関連記事】
「小沢さん、厳しいねえ」反小沢陣営からは…
石川知裕議員を逮捕 4億円不記載 東京地検特捜部 
「逮捕なら議員辞職」民主党幹部が石川氏出頭でコメント
東京地検が石川議員を夜から異例の聴取、4億円不記載疑い
民主参院幹部「石川氏逮捕なら、小沢氏の進退も」

社民・又市副党首「様々多難な年みたいな予感が」 小沢氏問題で(産経新聞)
「海賊母船か? 」一時緊迫=上空警戒、P3C飛行公開−ソマリア沖(時事通信)
小沢氏の不動産視察へ 自民PT(産経新聞)
参院代表質問 「戦って」発言で首相「検察への圧力ではない」(産経新聞)
【集う】永六輔トークライブ(12日、東京・千駄ケ谷のサイクルスクエア北参道)(産経新聞)
posted by ジンボ スグル at 00:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。