2010年01月20日

<日弁連会長選>宇都宮、山本両氏の争いに 来月5日投開票(毎日新聞)

 日本弁護士連合会は13日、2月5日投開票の会長選について、ともに東京弁護士会所属で▽多重債務問題への取り組みで知られる宇都宮健児氏(63)▽前日弁連副会長の山本剛嗣(たけじ)氏(66)=届け出順=の2人の立候補が確定したと発表した。6日に公示し、12日まで立候補を受け付けていた。

 前回選挙まで5回連続で立候補した東京弁護士会所属の高山俊吉氏(69)は、09年10月に懲戒処分を受け、12日付で日弁連に処分取り消しの審査請求も棄却されたため、立候補できなかった。日弁連の規定で、懲戒処分を受けると会長選に3年間立候補できない。【銭場裕司】

【関連ニュース】
日弁連会長選:主流派VS著名弁護士 法曹人口問題が争点
弁護士:日弁連の戒告処分めぐり不当と提訴 会長選背景に
日弁連:会長選に宇都宮、山本の2氏 投開票2月5日
訃報:堂野達也さん105歳=元日本弁護士連合会会長
日弁連:会長選、2氏が立候補

地域での介護、「保険だけでは収まり切らない」―宮島老健局長(医療介護CBニュース)
「国民の理解得て参院選臨む」=民主・小沢氏(時事通信)
「新政研、未来研の名刺も持ってない」 “ダミー”を強調?(産経新聞)
ひたすら「適正処理」 言い逃れ繰り返す小沢氏 土地取引疑惑も強気崩さず (産経新聞)
政府・民主に衝撃「捜査見守る」=社民幹事長「誠に遺憾」(時事通信)
posted by ジンボ スグル at 02:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

<子ども手当>年3回分割支給、市町村に申請必要 法案概要(毎日新聞)

 厚生労働省は14日、18日召集の通常国会に提出する「子ども手当」法案の概要をまとめ、同省政策会議や各都道府県に示した。同法案は4月1日から1年限りの時限措置で、月額1万3000円を6月以降、年3回にわけて支給する。所得制限は設けない。新たに手当を受け取るには、事前に各地の市町村窓口で申請手続きをする必要がある。

 子ども手当は、子育て家庭を支援するため中学卒業までの子ども1人あたり月額2万6000円を支給する新制度。民主党の衆院選マニフェスト(政権公約)に基づき実施され、法案では来年度は半額の月額1万3000円を支給する措置とし、支給額が倍となる11年度以降は財源などを調整した上で、改めて新法案を提出する。

 来年度は、まず6月に4、5月分の子ども手当が支給される。すでに児童手当を受給している人は2、3月分の児童手当と合わせて受け取ることになる。その後、10月と来年2月に、前月までの4カ月分をまとめて受け取ることになる。

 受給に先立ち、市町村窓口で申請書を提出する必要があり、住民票などで確認を受けた上で認定を受けることになる。その際、指定した銀行口座や郵便局口座に振り込まれるケースが多いとみられる。9月末までに受給資格があることを市町村に申し出れば、4月分までさかのぼって受給できる。公務員の場合、それぞれの省庁や役所から受け取ることになる。

 また、高額所得者への所得制限が見送られた代わりに、自治体への寄付制度も設ける。受給権者が窓口に申し出れば、一部か全部をその市町村に寄付できる。寄付を受けた各市町村では、子育て政策など使途が限定される。

 給付に必要な費用は、計2兆2554億円(国庫負担は1兆4556億円)。6月の支給開始を目指して4月以降は各市町村で本格的な準備作業に入るが、対象者が多い自治体などでは負担が大きく、支給開始がずれ込むケースも懸念されている。【佐藤丈一】

◆子ども手当の支給月と支給額(来春まで)◆

(中学卒業までの1人あたり)

10年6月支給(4〜5月分)計2万6000円

10年10月支給(6〜9月分)計5万2000円

11年2月支給(10〜1月分)計5万2000円

【関連ニュース】
子ども手当:自治体側と協議を 茅ケ崎市長ら申し入れ
子ども手当:長妻厚労相が一部地方負担を謝罪 決着方向へ
政府・民主党:通常国会に61法案提出へ 野党は対決姿勢
子ども手当:税滞納分差し引き支給、群馬・太田市長が撤回
子ども手当:負担額で保育園建設 三重・松阪

貴金属店に点検要請へ=多額窃盗受け、防犯対策検証−警察庁長官(時事通信)
<訃報>双葉十三郎さん99歳=映画評論家(毎日新聞)
渦中の小沢氏 秘書らとキムチ鍋 報道陣にはなお無言(産経新聞)
「生活者視点の、信用できる厚労行政の実現を」−長妻厚労相(医療介護CBニュース)
米国でRA治療薬アクテムラの承認取得―中外製薬(医療介護CBニュース)
posted by ジンボ スグル at 04:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

<共産党>党大会開く 参院選控え独自色の打ち出しへ(毎日新聞)

 共産党の第25回党大会が13日、静岡県熱海市の党施設で始まった。中央委員会報告で志位和夫委員長は、昨年の衆院選による政権交代を評価したものの、米軍普天間飛行場移設問題や国会法改正などを挙げて政府・民主党への批判を強め、次期参院選での党勢拡大を訴えた。最終日の16日には志位氏と市田忠義書記局長が再任される見通しで、参院選は同党が2大政党のはざまで埋没するか踏みとどまるかの正念場となる。

 報告の中で志位氏は「民主党は衆院選では『政権交代』を訴えれば勝利できた。参院選では実績が問われる」と指摘。普天間問題の結論先送りや国債発行に頼った10年度予算編成、鳩山由紀夫首相らの「政治とカネ」の問題などを次々に批判した。共産党は鳩山政権に是々非々の「建設的野党」の立場で臨んできたが、参院選を控え独自色を出し始めた格好だ。

 一方で、政府・民主党の子ども手当や農業者戸別所得補償制度を「社会主義的政策」と批判する自民党に対しても、志位氏は「あれが社会主義だったら苦労しない」と反論し、一線を引く姿勢を強調した。

 「志位−市田」体制が発足した00年11月以降、共産党は参院選で01年5議席▽04年4議席▽07年3議席−−と議席を減らし、3回の衆院選はいずれも9議席にとどまる。次期参院選では現職の小池晃政策委員長を東京選挙区候補に回し、比例代表と合わせて6議席の獲得を目指すが、ハードルは高い。【中田卓二】

【関連ニュース】
共産党:旗開き 「参院選で躍進しよう」…志位委員長
普天間移設:首相「悩んでいる」 志位委員長と会談
共産委員長:天皇陛下会見「丁寧な対応が望ましい」
政界:共産党が旗開き
語録:真剣に聞いてくれた−−志位・共産党委員長

<鳩山首相>「勉強したい」…経済書など28冊購入(毎日新聞)
「それぞれが責任を」 日航問題で首相がOB年金減額に理解求める(産経新聞)
富士重工、防衛省を提訴…ヘリ発注打ち切り(読売新聞)
西日本で大雪の恐れ=低気圧急発達、日本海側暴風−気象庁(時事通信)
魁皇に顕彰を検討 平野博文官房長官(産経新聞)
posted by ジンボ スグル at 12:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。