2010年01月16日

<理研>元研究員らに有罪判決 東京地裁(毎日新聞)

 独立行政法人「理化学研究所」(理研、埼玉県和光市)の物品購入を巡り背任罪に問われた元主任研究員、和田達夫被告(53)に対し、東京地裁は12日、懲役2年6月、執行猶予3年(求刑・懲役2年6月)の有罪判決を言い渡した。深野英一裁判官は「悪質で身勝手な犯行だが、被害額を返済し反省している」と述べた。

 共謀したとされる研究用機材販売会社「秋葉産業」(東京都豊島区)の社長、嘉藤悦男被告(76)には懲役2年、執行猶予3年(求刑・懲役2年)を言い渡した。【安高晋】

【揺らぐ沖縄】名護市長選告示まで1週間 容認でも反対でも普天間に「壁」(産経新聞)
北朝鮮サッカーチーム来日?警備当局ピリピリ(読売新聞)
<鳥取不審死>元ホステスと同居の男が殺害経緯の供述始める(毎日新聞)
外国人参政権法案「理解得られる」と首相 「日韓併合100年というタイミングでもある」(産経新聞)
<訃報>武田五郎さん87歳=元横浜大洋球団社長(毎日新聞)
posted by ジンボ スグル at 20:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<元厚生次官宅襲撃>小泉被告に死刑求刑 さいたま地裁公判(毎日新聞)

 元厚生事務次官宅連続襲撃事件で、2人を殺害し、1人に重傷を負わせたとして殺人罪などに問われた、さいたま市北区、無職、小泉毅被告(47)の論告求刑公判が13日、さいたま地裁(伝田喜久裁判長)であった。

 検察側は「達成感を得て、自己の正当性を訴え、人生に幕を下ろそうとした無差別殺人。前代未聞の凶悪事件で、およそ人間の所業と思えず、命をもって償わせる以外にない」として死刑を求刑した。2月10日の最終弁論を経て、判決は3月30日に言い渡される予定。

 これまでの公判で、小泉被告は動機を「子供のころに愛犬を保健所に殺されたあだ討ち。動物の命を粗末にすれば自分に返ってくることを思い知らせようとした」と説明。起訴内容を大筋で認めたうえで「私が殺したのは人間ではなく、心の中の邪悪なマモノ」と主張し、「死刑になると思うが、無罪判決以外は上訴する」などと述べた。

【関連ニュース】
元次官襲撃:小泉被告の再度の精神鑑定却下 さいたま地裁
元次官襲撃:小泉被告「会社社長の殺害中止は犬で」
元次官襲撃:「自分をほめたい」小泉被告 さいたま地裁
元厚生次官宅襲撃:殺害元次官夫妻の長男も「極刑に」
元厚生次官宅襲撃:重傷の妻、公判で証言「一番重い刑で」

読谷村ひき逃げ、地裁が米兵拘置請求を却下(読売新聞)
<元服式>ダム建設で廃村、旧徳山村の伝統…岐阜(毎日新聞)
新型インフル本を自主回収=「事実確認が不十分」−講談社(時事通信)
「腹腔鏡下根治的膀胱全摘除術」を承認―先進医療専門家会議(医療介護CBニュース)
初雪 東京都心で観測 平年より10日遅く(毎日新聞)
posted by ジンボ スグル at 02:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。