2010年02月10日

輸入歯科技工物で基準策定へ―長妻厚労相(医療介護CBニュース)

 長妻昭厚生労働相は2月9日の閣議後の記者会見で、中国製の歯科技工物から安全性に問題のある物質が検出されたとの一部報道に関連して、輸入された歯科技工物についての具体的な基準の策定に乗り出す考えを示した。

 長妻厚労相はまた、この問題の広がりや、背景にある構造的な問題の有無についても実態把握に努める意向を示した。具体的な手法や期限については検討中とした。

■建設国保に無資格加入なら「厳正に対処」
 また、全国建設工事業国民健康保険組合(建設国保、本部=東京都中央区)の徳島県支部に、無資格者が加入している可能性があるとの一部報道などを受け、厚労省関東信越厚生局と東京都が同日、建設国保の本部に立ち入り検査を行った問題について長妻厚労相は、「検査の結果を精査し、無資格者の加入が確認された場合は、法にのっとって厳正に対処する」と述べた。


【関連記事】
【中医協】歯科初再診料の引き上げを了承
【中医協】歯科診療報酬めぐる議論が本格的にスタート
先進医療に2技術を承認―専門家会議
20代の歯科技工士、離職率75%超
歯科の海外技工物、「輸入反対」が約9割

<無人島>1億円で落札 広島県「三ツ子島」国有財産売却で(毎日新聞)
<文化審議会>委員20人決まる(毎日新聞)
GSK、日本市場で高成長(医療介護CBニュース)
トラック、バス9万台リコール=エンジン止まる恐れ−三菱ふそう(時事通信)
同盟深化、普天間で議論=日米が外務・防衛局長級協議(時事通信)
posted by ジンボ スグル at 12:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。